喘息の治療法

『喘息(ぜんそく)』は昔から子供によくみられる病気ですが、近年では成人した大人でも発症する傾向が見られ、その患者数は年々増加しています。『喘息(ぜんそく)』の原因もアレルギーであったりストレスであったりと、人それぞれ違い、一度発症してしまうと完治はなかなか難しいようです。『喘息(ぜんそく)』を患っている人の気道は常に炎症を起こしている状態で、ちょっと治療して発作の症状がおさまっても、すぐにはこの炎症は治りません。ですので、『喘息(ぜんそく)』は毎日欠かさず治療を続けていくことが大切なのです。その『喘息(ぜんそく)』の治療法ですが、発作を起こさないように予防するための治療と、発作が起きてしまった時の緊急的な治療があります。発作が起きないようにするための予防治療には、主に長期管理薬というものを使用します。『喘息(ぜんそく)』の引き金となっている気道の炎症に対する薬で、強い抗炎症作用がある「吸入ステロイド」薬が基本的な長期管理薬になります。この「吸入ステロイド」は、服用してすぐに効果が現れるものではなく、服用してからゆっくりと体内で効き始め、効果が現れるのは服用してから3日~1週間くらい経ってからです。しかし、服用をやめてしまうと効果がなくなってしまうので、毎日欠かさずに服用することが大切です。この「吸入ステロイド」を服用するにあたって、「ステロイド」の副作用を気にされる人もいるようですが、吸入薬で患部に直接届くので、「ステロイド」の摂取は非常に少ないようです。そして、もし発作が起きてしまった場合は、即効性のある【短時間作用性吸入β2刺激薬】というものを服用します。この【短時間作用性吸入β2刺激薬】は気管を広げる強い作用があり、すぐに呼吸を楽にしてくれる効果があります。また、【短時間作用性吸入β2刺激薬】と併用して、炎症を抑える働きを持つテオフィリン薬を服用する場合もあるでしょう。酵素ドリンクで置き換えダイエット!